思い出の絵本

私は子供の頃から、童話や民話・神話などが大好きです。
まんが日本昔ばなしは毎週欠かさず見てましたし、(あんまし関係ないか・・・っ

本も図書館で借りたりして、かなり読んだなぁと思います。

子供の頃に読んだ本って、内容をおぼろげにしか覚えてなかったりして、
大人になってから読み直すと、あ~こんなお話だったのね~、
実はとっても深~い話だったんだ。なんてものも多く、
最近になって、時間があれば又読み直してみたいな~と思うのです。

先日、たまたま、クローゼットを整理していたら、絵本が2冊出てきました。
DSC02109.jpg
この本は、私がアナウンサーとして駆け出しだった頃、
頑張ってはいるんだけれども、まだまだ実力が伴わず、失敗も多く、思うようにうまく話せなくて、
落ち込んでいた時に、偶然本屋で絵が可愛いな~と引かれて購入したものです。

絵本を読んで「ごっ、ご~んっ」(きつねの名前を呼んで)大泣きしたのを覚えています
今、思い返すと、とっても泣きたい気分だったのでしょうね~。

結婚して、あちこち引越しをし、その度に持っていた本もかなり整理しましたが、
この2冊だけは、あの時、頑張った自分を思い出し捨てられずにいました。


あ~もう10年以上前になるのかぁ・・・(頑張ってバリバリ仕事していたの)と、
とっても懐かしく思います。


あの頃、逃げずに頑張ったからこそ、今があるのかなぁ・・・なんて、ふと思ったりも。

振り返ると、人生の中で、頑張り時が何度か来て、
きちんと分析をして努力をして頑張って乗り越えると、必ず自分にプラスになってるって判るなぁ。

たまには、振り返ってみる事も大切ですねぇ。。


又、辛いときが来たら読みかえそうと思い、しまいかけた絵本ですが、
絵も可愛いし、懐かしい(大人が読んでも考えさせられる)良い童話なのでカフェのカウンターに飾りました。

良かったら、見てみて下さいね~。(^^)
(泣く絵本ではないとは思いますが、きつねの絵柄は可愛くてほっこり来ますよ~














スポンサーサイト